行事食・郷土料理(7~9月)

今回は7月から9月に行った行事食と郷土料理をご紹介したいと思います。7月、8月は夏ならではの行事を行い『食』の面からも夏を満喫しました。また9月は残暑が厳しいものの暦の上では秋となり、特養ひかりにも味覚の秋、食欲の秋が訪れています。暦の行事も多く、様々な行事食から秋を感じることが出来ました。

≪7月≫

🎋七夕🎋

施設ではユニット毎に竹を用意し、願い事を書いた短冊を各々が笹の葉に願いを込めて吊るしました。おやつには皆様のお好きな水ようかんとゼリーで七夕ゼリーを提供致しました。皆さんの願いが叶いますように☆彡

🗾郷土料理 第4弾 愛知県 ひつまぶし🗾

7月の郷土料理は、土用の丑の日にうなぎをひつまぶしで提供しました。各ユニット工夫を凝らし、釜めし風にしたり、しゃもじを用意したり、紙粘土でうなぎを制作したユニットもありました。白い急須のうなぎのイラストは職員の手書きです。皆さん、お好きな薬味を入れて召し上がっていました。

≪8月≫

🍧かき氷🍧

暑い日のおやつはやっぱりカキ氷‼ ということで、屋台を作りかき氷屋さんの開店です。昔ながらの3種類のシロップに4種類のトッピングで自分好みのかき氷が完成です!何にしようかな~と楽しそうに悩んでいる姿が多く見られました。あっという間に皆さん召し上がって、おかわりをした方もいらっしゃいました。こちらでもたくさんの笑顔が咲きました😊

🗾郷土料理 第5弾 沖縄県 沖縄そば🗾

夏と言えば!沖縄‼ 沖縄へ行ったことのある方はあまりいらっしゃいませんでしたが、華やかな演出と食べたことのないお料理に皆さんウキウキワクワクされていました。おやつも沖縄名物『ちんすこう』です。厨房の方が手作りしてくださいました。

≪9月≫

🌰重陽の節句🌰

九月九日は重陽の節句です。菊を用いて無病息災や長寿を願う五節句のひとつです。ひかりでは、栗ご飯と澄まし汁に菊の花びらを入れて提供しました。
「栗ご飯美味しいね」「栗と菊、秋だね~」との声が聞かれ、秋の味覚を味わいながら重陽の節句のお祝いをしました。

🎑十五夜🎑

👴敬老会のお祝い👵

入所されている方、ショートステイをご利用いただいている方へ、敬老のお祝いとしてお弁当をご用意させていただきました。豪華なお弁当、ユニット毎の手作りの掛け紙に歓声がたくさん聞かれました。いつまでもお元気で、たくさんの笑顔を見たいと職員一同願っております。

🗾郷土料理 6弾 群馬県 焼きまんじゅう🗾

前の記事

~敬老会~